あなたのプレゼンが伝わらない理由

あなたのプレゼンが伝わらない理由

に話を伝えるには、聞き手が理解できる内容を伝える必要があります。そのためには「結論」と「理由」を伝えるといいですよ。と私はセミナーの中で言っています。

 

ところがたまに、「結論」と「理由」がきれいにつながっていないケースもあります。例えばこんなケースです。

私達もYouTubeでブランディングしましょう!
なぜなら今すぐ参入すべきビジネスだからです。

といった具合に、理由が浅く聞き手が納得できなかったり、

ビジネスにはプレゼンが欠かせません!
なぜならプレゼンは大切だからです。

と結論と理由が同じ事を言っていたりするケースです。

 

聞き手は理由が理解できるか?話は矛盾していないか?

話が矛盾していたり、同じ事を言っていたりすると聞き手の頭の中には「???」がいっぱいになってしまいプレゼンターの話どころではなくなってしまいます。こういった事態にならないように

 

聞き手が分かるレベルにまで理由を掘り下げる

 (例) なぜ今参入すべきビジネスなのか

 

具体的な例で説明する

 (例) 具体的には日々の報告、会議での発言、営業、全て人に伝えるという目的があります

 

こういった事を心がけてみてください。また、自分が理解できない話を聞いたときに、相手の話が矛盾していないか?そしてどうすればもっと理解できるかを考えてみると、いい練習になります。

 

こうしたことを意識しながら、ぜひ聞き手に伝わるプレゼンターになってください。

 

【トートロジー】
この記事の例に挙げたように「ビジネスにはプレゼンが欠かせません。なぜならプレゼンは大切だからです。」のような、主張と根拠が同じことを専門用語で「トートロジー」と呼びます。

 

この例の場合、「ビジネスにはプレゼンが欠かせません」つまり、ビジネスにとってプレゼンは大切だと言っています。その理由として「なぜならプレゼンは大切だからです」というのはプレゼンが大切であるという理由にはなっていません。

 

 

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
Top 無料メルマガ ブログ YouTube プロフィール お問い合わせ