プレゼンテーションの伝え方

プレゼンテーションの伝え方記事一覧

話す技術をデリバリースキルと呼ぶ理由

プレゼンテーションでは話す技術のことを「デリバリースキル」と呼んでいます。英語で delivery と書きます。一般的に delivery と聞くと「配達する」とか「届ける」といった意味を思い浮かべる方が多いようです。確かにピザの配達は「デリバリー」と言いますね。「デリバリー」と似た言葉で「スピーチ...

≫続きを読む

 

聴き手を迷子にしない話し方

セミナーやビジネスプレゼンなどでは、資料を配布しプロジェクターでスクリーンに投影して行うスタイルをよく見かけます。このような場合、聞き手は手元の資料を見たり、スクリーンを見たり何かメモを書いたりと、色々なことをしてしまいます。このような状況でいくらいい話をしていても、聞き手の注意が散漫になってしまい...

≫続きを読む

 

感情境界線-聞き手に一番伝わるポイント

プレゼンテーションで話をするとき、どのような状態で話すと聞き手に伝わるのでしょうか?ここでは聞き手に一番伝わるポイントとして「感情境界線」というものをご紹介いたします。ウィンターシーズンになると、毎年スキーのジャンプ競技が開催されます。「○○選手、大ジャンプを見せました!見事K点越えです!!」 って...

≫続きを読む

 

プレゼンが上手いと思われる人は状況判断ができる人

他の人のプレゼンを見ていて、「この人のプレゼンは上手い!」と思うことってありませんか? 特に意識していなくても、何となくこの人のプレゼンは上手いなぁ、と思うことはあると思います。プレゼンが上手い人というのは様々な特徴があります。しかし私が最もすごいと思うのは、プレゼンテーションの状況を適切に判断し状...

≫続きを読む

 

多くの人が状況を察知できない理由

プレゼンテーションが上手い人は、状況を素早く察知し、臨機応変に対応することができます。しかし多くの人は状況を素早く察知することができません。それはなぜでしょうか?その理由はプレゼンを「自分事」と考えているからです。プレゼンを自分ごとと考えている人の頭の中では常にこういった意識がめぐっています。次、話...

≫続きを読む

 

理解の連続性〜想いだけでは伝わらない

よくプレゼンを行う際には、「自分の想いを伝えた方がいい」 とか 「気持ちがあれば伝わる」 などと言います。私もよく言っているのですが。。これはもちろん正解です。プレゼンに想いを込める事はとても重要なことですよね。ところがたまにこんな人がいます。アツすぎて近づけない気持ちは分かるが何を言っているのかわ...

≫続きを読む

 

「えー」「あのー」症候群解消法

プレゼン講座や話し方講座でよく出てくる話ですが、話す途中に「えー」とか「あのー」という言葉は使ってはいけない。ということを聞いたことがあるかもしれません。「えー」や「あのー」という言葉は、聴き手にとって非常に聞き苦しい言葉なんですね。よく「えー」「あのー」症候群と言ったりします。「えー」「あのー」を...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
Top 無料メルマガ ブログ YouTube プロフィール お問い合わせ